読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIDEAKIの日記

THE WEDNESDAYのプロデューサー・HIDEAKIの備忘録です。

「写真を販売すること」について


個人や企業が造った建物を勝手に撮影して、それらの写真を販売して金を得るみたいなスキームって、やっぱりおかしい気がしてならないんですよね。


僕のように自分で0から何かを生み出すことが、いわゆる「クリエイター」であると信じています。


作家もそう。

0から何かを生み出すことについては同じ。

苦しい作業です。


カメラマンの存在は必要。

でも、風景とかならまだしも、個人や企業が造った建物についてはどうなの?と。


不動産業界に長く居るものとして、なんとなく問題提起してみました。


【参考記事】

http://visual-shift.jp/detail_63.html



HIDEAKI



About "selling photos"


Schemes like taking pictures of the buildings made by individuals and businesses without permission and selling those pictures and getting money do not necessarily feel strange.


I believe that it is so-called "creator" to create something from 0 on my own like me.


The writer is so.

Creating something from 0 is the same.

It is painful work.


Presence of a photographer is necessary.

But, if it is scenery, what about the buildings made by individuals and companies? When.


As a long time in the real estate industry, I tried raising up the problem somewhat.


[References]

Http://visual-shift.jp/detail_63.html



HIDEAKI