HIDEAKIの日記

THE WEDNESDAYのプロデューサー・HIDEAKIの備忘録です。

漠然とした強烈な不安感が僕を襲う


違う。

襲ってる最中だ。

名前のない不安。

近い将来の不安。

遠い将来の不安。


なるべく早い段階で歌に変換したい。

それしかとりえのない僕なのだから。

僕がいなくなることで、困る人はいない。

それだけは間違いない。


一時的に悲しむ人がいるかもしれない。

でも、あくまで一時的だ。

どうせ、一瞬で忘れられてしまう。 

その程度しか人間を信じていない。

みんな自分のことで精一杯なんだから。


疲れたら休もう。

疲れていなくても休もう。

心身の疲れは目に見えない。


HIDEAKI



Vague and intense anxiety attacks me


Wrong.

It is under attack.

Anxiety without name.

Anxiety in the near future.

Fear of distant future.


I want to convert it to songs as early as possible.

Because that is only me.

There is no one in trouble because I will cease.

There is no doubt that.


There may be people who temporarily mourn.

But it is temporary to the last.

Anyway, I will be forgotten in a moment.

Only that extent does not believe in humans.

Because everyone is doing my best on their own.


If you get tired, take a rest.

Let's rest even if you are not tired.

The fatigue of the mind and body is invisible.


HIDEAKI