【blog】Diary of HIDEAKI(Producer of THE WEDNESDAY)

It is a memorandum of producer (HIDEAKI) of THE WEDNESDAY.

久しぶりにブログやります。

このブログに気づいたり辿り着いた皆様、こんにちは。

HIDEAKIです。

 

THE WEDNESDAYの新作、亀のようにノロノロと制作中です。

30分、時間ができたらサビだけ創るとか、コードだけ考えるとか。

そんな日々です。

季節の変化で疲労感半端ないです(笑)。

 

現在、hidemusic studioを充実したものにするための家探しをしております。

スタジオを往復するのは正直しんどいので、やはりすべての作業工程を自宅で済ませられるようにしたいですね。

僕は色々な仕事を並行してやっているので、なるべく効率良く音楽が創れたらなと思います。

お金より、時間が欲しい。

でも、時間はお金で買える。

じゃあ、お金も大事ですね、と。

そんな堂々巡りもついついやってしまいがちです。

 

共同住宅に暮らしていると様々なトラブルがあります。

特に「幼児が走り回るドタバタ音と奇声」です。

これだけはどうしても許せない僕です。

おとなしくて礼儀正しい子供は大好きです。

しかし、その逆は「敵」でしかない。

僕の前進を阻む敵。

「子供は未来の宝」なんてクソ喰らえ。

少子高齢化」万歳!

世界は人口が多すぎるんです。

あらゆる手を使ってでも、減らしていくべきなんです。

 

Facebookを離れて1ヶ月が経ちました。

特に名残惜しい感情とかはゼロですね。

無用な「いいね!」が無くなって良かったです。

予想通り、誰も困らない。僕そのものの需要はないんですよ(笑)。

 

「離れていても、つながってる感じ」とか、僕には不要です。

それって、結局つながっていないんですよね。無駄です。

 

東京に友達がいない僕ですが、ひとりでもいいんですよ。

これまでは友達がいない弊害もありましたよ、確かに。

情報がまったく入ってこない、とか?

でも今は違う。

入手できない情報なんて、国家機密や企業秘密以外はないですからね。

 

地方に大切な友人が多いのが事実です。

普段、マメなやりとりなんかしなくてもいい。

それぞれが生活や仕事や自己実現に注力する。

で、たまにフラっと会える関係。

それが本物なのかなと思います。

 

今日は新居候補の物件を見学してきます。

室内以外の要素はすべて確認済みです。

即決できる状況にあります。

夕方は美容院。春が近いのでヘアスタイルを変えます。

 

夏に海外限定配信するために、もっとピッチを上げていかないと。

リリース日は決まっていますが、作品が出来てないです(泣)。

 

以前、発表した私小説も、書き直したいですね。

それでは、また。

 

HIDEAKI

 

f:id:hidemusic2020:20170308092012j:plain

 

 

Hello, everyone who noticed this blog and arrived.

It is HIDEAKI.

 

A new work by THE WEDNESDAY, like a turtle, is under production.

30 minutes, if you can spare time try to create only rust, just think about the code.

It is such days.

I feel a sense of fatigue by seasonal changes (laugh).

 

Currently, I am looking for a house to make hidemusic studio fulfilling.

It is tough to be honest to go back and forth in the studio, so I also want to be able to do all work processes at home.

I am doing various jobs in parallel, so I think that I should be able to create music as efficiently as possible.

I want more time than money.

But I can buy the time with money.

Well, money is also important.

Such a dozens of rounds tend to keep doing it.

 

There are various troubles when living in a co-homed house.

Especially "The sound of baby running and childbirds running around young children".

I just can not forgive that I am.

I love quiet and courteous children.

But the opposite is only "enemy".

An enemy that prevents my progress.

"Children are treasures of the future" to fucking.

"Declining birthrate and aging" a million!

The world has too many populations.

Even with all kinds of hands, I should reduce it.

 

A month has passed since I left Facebook.

Especially embarrassing feelings are zero.

It was good that useless "Like" disappeared.

As expected, nobody is at a loss. There is no demand for me (laugh).

 

It is unnecessary for me, "I feel like I'm connected, even if I am away."

Well, it does not connect in the end. It is useless.

 

I am a friend without a friend in Tokyo, but even one person can do it.

Until now, there were evils without friends, certainly.

Does not information come in at all?

But now it is different.

There is no information other than national secrets or trade secrets that can not be obtained.

 

It is a fact that there are many important friends in rural areas.

You do not usually have to do something legitimate.

Each focuses on living, work and self-realization.

So, sometimes I can see a flush relationship.

I think whether that is real.

 

Today, I will visit the property of the new residence candidate.

All elements other than indoor have been confirmed.

It is in a situation where you can decide promptly.

In the evening is a hairdresser. Because spring is near, I change hair style.

 

In order to deliver limited to the world overseas in the summer, I have to make more pitch.

Although the release date is fixed, the work is not made (cry).

 

I also want to rewrite my novel that I announced earlier.

Well then, also.

 

HIDEAKI

 

 

ホーム - thewednesday